中 津 漆 器 店

銀の漆器 と 輪島の伝統工芸 

 TOPMainコンセプトSite  Mapお問合わせお取引展示会リンク

幅25.5x奥行き26.5c高さ12cm

国宝 本阿弥光悦 舟橋 蒔絵 硯箱 輪島 漆芸
次
戻る
Main
工芸品入口
実用品入口

参考にしてください http://www.tnm.jp/ 東京国立博物館 「検索部分に 舟橋蒔絵硯箱 を入力して下さい。」

 鉛の板を漆で貼り付けるのは非常に難しい技術です。
鉛の板を曲げて貼り付けるのではなく湾曲した鉛を作って嵌めるように被せています。
このような指物も塗師と指物師が綿密な連携がとれていないと作ることができません。文字は銀で切り抜いた物を貼り付けています。多くの職人さんの技が集約しています。
現在では、指物、細工師、下地、蒔絵ともにこのレベルのものを作れる職人が少なく、貴重な品になります。

本手法は現在では、当店でしか扱っておりません珍しいものであります。
本物の輪島の漆器での 「舟橋蒔絵硯箱」写し 大変貴重な逸品です。
企業さまの海外の重要なお客様への贈答品としても如何でしょうか。

是非、「次」をクリックしてその細部をご覧下さい。

国宝 本阿弥 光悦 「舟橋蒔絵硯箱」写し

中津漆器店
〒928-0024 工房 石川県輪島市山岸町22−17
@ TEL/FAX 076−823−1169
A TEL/FAX 076−822−4572
ayyc-mkms-7295※ma.tnc.ne.jp
(※→@に変えてください)


本阿弥 光悦 「舟橋蒔絵硯箱 (17世紀・江戸時代)東京国立博物館 収蔵」の写し です。